HOME>アーカイブ>イベントにあったものを用意したいときに考慮すること

セットが販売されている

男性作業員

イベントを行うためにステージが必要になったとき、わざわざパイプや木材を購入して組み立てるのはかなり大変です。組み立てる作業はもちろんのこと、必要となる材料を選ぶのにも苦労してしまうでしょう。現在では、購入すればステージを組み立てるための材料がすべて揃ったセットが販売されているので、そちらを使えば簡単に組み立てられます。もしも、材料から組み立てるのさえ不安だと感じているのなら、折りたたみ式のステージを利用するのがよいでしょう。折りたたみ式ならば広げるだけで、イベントで利用できるステージに早変わりするため誰でも簡単に設置できるようになります。広げる方法の確認は購入前に可能なので、チェックして自分たちで行えることを確信した上で利用を申し込みましょう。

業者に丸投げもできる

ステージ

『折りたたみ式のステージでは小さすぎて利用できないけれど、大きなものを自分たちで組み立てるのは無理だ』という状況なら、業者に頼んで設置してもらうことも可能です。すべての作業を丸投げできるので、デザインなどで好きなステージを選び仕事を依頼するだけです。もちろん、それなりに費用がかかるため、いくらになるのか事前に見積もりをもらってから業者にステージを組み立ててもらいましょう。

運搬方法も考えておこう

男性作業員

自分たちの会社でステージを利用するなら、運搬のことは気にする必要がないでしょう。しかし、どこかの会場のイベントに参加するときに組み立て式のステージが必要な場合、運搬のこともきちんと考える必要があります。大きなステージなら普通自動車や軽トラックに乗せて移動するのは難しいため、運んでくれる業者に頼むことになります。大型で重い荷物を運んでくれる業者はたくさんあるので、イベントの準備として頼むところを決めておきましょう。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中